株式会社 システムプラス_製品情報
SYSTEM PLUS Inc. サイトマップホーム
株式会社 システムプラス
システムプラストップページ製品情報ソフトウエア_ME'scopeVES>主な機能_Visual SDMパッケージ(構造変更オプション)

製品情報


ソフトウエア


ME'scopeVES(エムイースコープ・ブイ・イー・エス)

ME'scopeVESトップ | 標準機能 | 実稼動変形シェープ | VSIRotate2 | データ収集 | Visual Modal | Visual Modal Pro | Visual SDM |
音響オプション | インポート可能なファイル形式 |

【Visual SDMパッケージ(構造変更オプション)】
Visual SDMパッケージでは機械または構造物に物理的変更を加えることによる振動モードの変化を検討することができます。 このパッケージはVisual Modal Proパッケージに構造変更シミュレーション (SDM)の機能を追加します。

■構造変更シミュレーション

物理的変更は構造物モデルにバネ、マス、ダンパー、バー、プレートなどの有限要素を追加することで実行されます。Visual SDMは現実的な構造変更をシミュレートするためのさまざまな標準有限要素を用意しています。
Visual SDMは構造物モデル上に、追加した要素を表示します。各要素の物性値は編集可能なスプレッドシートに表示されます。


■SDMで出来ること
構造物の物性値 (幾何学情報、密度、弾性率、境界条件など)を変更した場合そのモードも変化します。また、ブラケット、スティフナー、減衰器など別の構造物を付加した場合も異なった振動を示します。
すべての構造変更は構造物の質量、ばね定数、減衰係数の変更で計算されます。SDMは物理的変更を 質量、ばね定数、減衰係数の変更に置き換えます。これらの変更は、変更前の構造物に付加され変更後の構造物の新しいモードの計算に使用されます。 新しいモードシェープは変更前のモードとアニメーションまたは周波数伝達関数で比較表示できます。
■有限要素モデル
ME'scopeVESは構造変更に有限要素モデルを使用します。ME'scopeVES要素ライブラリには、スプリング、マス、ダンパーのみならずロッド、バー、三角および四角形プレート要素、四面体, 三角柱 および 直方体、といったソリッド要素が用意されています。 各要素タイプは物性値を入力するためのスプレッドシートを持っており、厚さ、密度、弾性率などを表示し編集できます。

■サブストラクチャリング & チューンドアブソーバー機能

Visual SDMは複数の構造物モデルを結合させ、それぞれの構造物モデル間に構造変更要素を加え、全体の振動モードを計算するサブストラクチャリング機能を持っています。サブストラクチャリング機能によって構造物モデルへの減衰器(チューンドアブソーバー)の設置も簡単にできます。



■有限要素解析(FEA)機能

Visual SDMは構造変更要素だけを用いて簡単な構造物を作成し、そのモードを計算することができます。この有限要素解析(FEA)機能はテスト構造物のさまざまなモードを検討する上で役立ちます。

■Visual SDM Proパッケージ(拡張構造変更オプション)
Visual SDMパッケージに拡張構造変更の機能を追加します。この拡張構造変更は、構造物上の未測定データポイントの変位を計測されたポイントのデータを用いて計算する機能を持ちます。また、その計算された未測定ポイントのデータ、および測定データから、応力および、ひずみを計算します。その結果はコンタ−プロットにより表示されます。
ページのトップへ戻る
MENU
ホーム
製品情報
ソフトウエア
ME'scopeVES
ESTECH.PathFinder
ハードウエア
Impaq Elite
Fixturlaser
モニタリング
ONEPROD
01dB
各種サービス
セミナー情報
サポート
ユーザーページ
ダウンロード
お問い合わせ
会社案内
リンク
ホーム製品情報各種サービスセミナー情報サポートユーザーページダウンロードお問合せ会社案内リンクサイトマップ
個人情報保護法について Copyright(c) SYSTEM PLUS Inc. ALL RIGHTS RESERVED.